LINKS UMEDAのスキッズガーデンに行ってきた!0歳児でも十分楽しめて、なんと親も無料!

スキッズガーデン乳児

こんにちは!1児のパパしみたくです。

11月に梅田にLINKS UMEDAという新たな商業施設がオープンしました!その中に梅田初の『スキッズガーデン』という子供が遊べる空間が誕生しました。なんと0歳児は無料ということで、早速妻と子供(8ヶ月)と一緒にスキッズガーデン梅田に行ってきたので、今日はその感想をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

スキッズガーデンとは

スキッズガーデン
image:スキッズガーデン公式サイト

スキッズガーデンとは、小さい子供がひとりで遊ぶことができるプレイグラウンドで、保育士、幼稚園教諭の有資格者または、教育プログラムを受けたプレイリーダーが、一緒に遊んでくれる空間です。

公式サイトによると、スキッズガーデンの本来の目的は、親と離れて自分で遊ぶことで、自律心や考える力、創造性・社会性を身につけることらしく、親はスキッズガーデンに子供を預けて、大人の時間を確保し、子供は目一杯遊ぶというのが目指す姿みたいです。

なので、3歳以上は子供だけで入場することができるシステムとなっています。

また、2歳以下の子供も親が同伴する形であれば入場できるシステムととなっており、素晴らしいのが1歳以上は有料なのですが、0歳児の場合には一緒に入場する親も含めて入場料が無料なのです!

スキッズガーデン 料金表
スキッズガーデン料金表:公式サイトより

「無料ってことは大して遊ぶものがないんじゃないの?」って思っちゃいますよね!

そこで私が8ヶ月のベビーと一緒にスキッズガーデンに行ってきたのでその体験のご紹介します。

0歳児とスキッズガーデン LINKS UMEDAに行ってきた!

スキッズガーデン LINKS UMEDAへの行き方

スキッズガーデンLINKS UMEDA店はLINKS UMEDA(ヨドバシカメラの裏側)の5Fにあります。

ベビーカーだとヨドバシカメラに入るのが一苦労なので、それぞれの公共交通機関からどのフロアから行けばいよいかを確認してから来ると良いでしょう。私的にこう行くとベストな入り方をメモしておきます。

JR:2Fの連絡通路から
御堂筋線等の地下鉄:地下1Fから
阪急電車:地上から

LINKS UMEDAにはエレベーターが随所にあるので、エレベータで移動しましょう。ヨドバシカメラにもエレベータがありますが、LINKS UMEDAのほうがエレベータの数が多いので、LINKS UMEDAのほうが空いている傾向にあります。

エレベータを出たらずっと右側へと進んでいくとスキッズガーデンがあります。

スキッズガーデンLINKS UMEDA
スキッズガーデンLINKS UMEDA

おむつ替えやお昼寝はできないので注意

スキッズガーデン注意事項
注意事項: 公式サイトより

スキッズガーデンにはいくつか注意事項がありますが、0歳児と一緒に行くときに特に注意すべきはおむつ替えお昼寝でしょう。

なかなかコントロールすることが難しいですが、なるべくおむつ替えやお昼寝をしなくていい時間帯を選んでいくのがベターです。

さっそく入場

入場前に申し込み用紙に名前や生年月日など必要事項を記入し、入場です。

この日は平日金曜日だったこともあり、私達以外に人は少なく、5~6組程度しかいませんでした。土日だとどうなるかはわかりません。まだできたばかりで知れ渡ってないだけの可能性もありますね!

ちなみに入場するときに、「○○くん入場です!」とアナウンスされました笑

中にはいろんなおもちゃやアトラクション?があったのでご紹介していきます。

結構立派なメリーゴーラウンド

メリーゴーラウンド
メリーゴーラウンド

まず最初に目を引いたのが結構立派なメリーゴーラウンドです。大人も一緒に乗れる大きさで、定期的に回っているようです。この日は人が少なかったので、いつでも乗れるぐらい空いていました。

0歳児でも親と一緒なら全く問題なく乗ることができる速さのメリーゴーラウンドです。

見たこともない広さのボールプール!

ボールプール
ボールプール

次は真ん中にドデカく設置されたボールプールです。写真を見てもらえるとその大きさがわかるかと思います。3才児が思いっきり遊べる空間として作られているだけあってなかなかのスケールです!

ボールプールなら0歳児でもズリバイができれば十分遊ぶことができます!ただ、周りの大きな子供が激しめに遊んでいると巻き込まれるかもしれないので注意が必要です。

滑り台はハイテクで迫力満点!

滑り台
滑り台

見た目からなかなか迫力のある滑り台がボールプールの中に設置されています。この滑り台の表面は動きと連動プロジェクターが投影されており、上の映像がダイナミックに変わります。

滑り台を滑ると、表示されている物体も自分の動きに合わせて動くので、普通に凄いなと感心しました。

0才児を1人で滑らせるには結構急なので、できれば親が抱っこして滑るのが無難でしょう。

おままごとゾーンも充実!

すべり台の隣にはおままごとゾーンが設置されています。

スーパーや台所、屋台の3つが用意されており、なかなか本格的なおままごとセットとなっています。0歳児にはちょっとわからないと思いますが、2~3歳児にはかなり楽しい場所じゃないかと思いました。

でも0歳でも楽しめないわけではありません。本人はよくわかっていませんが、いろんなものに興味があるので、好きなように触らせてあげるだけでも充分楽しんでいると思いました。

知育玩具もありおもちゃはそこそこ充実!

滑り台やボールプール以外にもおもちゃで遊ぶようなスペースもしっかりと用意されています。おもちゃは持ち込み不可能ですが、おもちゃはちゃんと用意されています。

日頃使わないおもちゃで遊べるのもとてもいいことですね。

知育玩具
知育玩具

うちの子にはまだ早いですが、知育玩具も用意されていました。

自転車
自転車

無理やり乗せちゃっていますが、こうした自転車も用意されています。漕ぐ育ができるのも良い点ですね!

最新技術もしっかりと採用!

動きと連動する床
動きと連動する床

こちらはボールプールとメリーゴーラウンドの間辺りに設置されており、上部のプロジェクターで画面を床に投影しています。凄いのがこちらも滑り台と同様に動きに連動して映像が変化するんです!

うちの子はあまり驚いていませんでしたが、もう少し大きくなるとこういうのが楽しくなるかと思います!

自分の書いた魚が泳ぐ水槽
自分の書いた魚が泳ぐ水槽

こちらは自分で書いた魚等の絵を機械で読み込むと、画面の水槽にその魚が表れるというハイテクなやつです!

これは2歳ぐらいになると凄い嬉しいやつですね!うちの子は流石に絵すらかけませんでした笑

結論:0歳児でも十分楽しめる!

簡単ですがスキッズガーデン LINKS UMEDAに行ってきた感想をご紹介しました。

結論としては3歳以上が親を離れて遊ぶことをコンセプトにした場所と言いながら、0歳児でも十分楽しめるそんな空間でした!

しかも、しっかり楽しめるのに大人も含めて無料というのが本当に素晴らしいなと思いました!

ただ、気になるのが土日の混み具合です。これだけしっかりした施設でかつ0歳児以下は大人も無料となると、人が殺到して土日は入りたいときに入れないんじゃないかな~と思ったりします。

入れたとしても2~3歳児の近くに0歳児を置いておくと危なっかしくてしょうがないので、土日に行く場合はある程度の混在は覚悟して行ったほうがいいかもしれませんね。

少なくとも私が行った金曜の平日は素晴らしく空いており、子供も一緒に来た親ものびのびと遊べる最高の場所でした!

もし梅田に行く機会があったら、一度スキッズガーデン LINKS UMEDAに足を運んでみてはいかがでしょうか。

最後までご愛読ありがとうございました。

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました